2022年12月2日金曜日

秋のラッピングまとめ クリスマスラッピングはじめました

秋にお届けしたラッピングのご紹介です。

「藤の花のイヤリング/ピアス」のラッピングも秋色でした。



1点のみの販売だった「ゆうべの煌めき」は、ドラゴンズブレス好きのお客様のお手元に巣立ちました。




「アネモネのイヤリング」


中も可愛くお包みできました。




「ガーベラのブローチとチェコビーズの2連ネックレスのデミパリュール」2色をお選びいただきました。




外から見ても中がわかりやすいように色名を書いて添えました。




久しぶりの中華かんざしブローチシリーズ。
中華柄のカードを添えました。




「キラキラ星のキーホルダー」のラッピングはこんな感じで落ち着いています。



こちらも「藤の花のピアス」
片側のみの再制作を承りました。


少し雰囲気を変えたラッピングでお届けしました。


最後の1点だった「ねこの散歩道 いちょう並木の下で」は、ちょっぴりエレガントな雰囲気でお包みしました。




虹色のハートのアクセサリーを海外にお届けしました。


模様もHeart Bouquetらしくて使いやすかったこの箱は、いつの間にか廃番になっていて寂しい。。。
中は青空のような色の台紙に留めてお包みしました。



「サンセットオレンジ・クローバー」のイヤリングとネックレスをセットでお選びいただきました。
秋に見ると、金木犀の花がキラキラと輝くように香りを散らして咲き誇っているような雰囲気。
金木犀をイメージしたラッピングでお届けしました。




「木の実のイヤリングB」をお選びいただきました。




鈴蘭のカメオには鈴蘭柄のカードを添えました。



「クリスマスツリーのストールピン」
クリスマスアイテムはいつでもクリスマスラッピングでのお届けです。。。!




ギフト用の「富貴樹の森 子リス物語」です。
富貴樹をモチーフにしていることや材料の天然石についてのご紹介を、リスちゃんのカードに運んでもらいました。



こちらも「サンセットオレンジ・クローバー」のネックレスでした。


今年は続けてお選びいただき、ネックレスが最後の1点、イヤリングはあと2点です。


「キラキラハートのキーホルダー」と「キラキラ星のキーホルダー」をお選びいただきました。



「小さな雪の朝」のラッピング。
小さくかわいくお包みしました。


「雪の朝」シリーズが巣立ち始めると冬の訪れを感じます。


そして。。。!
今年も11月の半ばより、クリスマスラッピングでのお届けが始まりました。
クリスマスまでにお手元に到着する見込みのご注文には、クリスマスラッピングでお包みします。
何も言われなければクリスマスラッピングでのお届けです^^
ご事情でクリスマスラッピングは避けたいという場合には、その旨をお知らせくださいね。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2022年11月12日土曜日

「藤の花のランプ」についてのご案内

「藤の花のランプ」の商品ページに情報を追記いたしましたので、こちらでもご連絡いたします。


ランプは日本国内での電圧100Vでの使用を想定して製造したものです。
日本の電力は諸外国と比べてとても低い電圧で供給されています。
このランプは日本以外の国での高い電圧に耐えられるように作られていません。
日本国外でご使用になると、故障や火災の原因となり危険です。

日本国内用(For Japan domestic use only)とは、希少価値があるという良い意味ではありません。
むしろ、安全にご使用いただける地域が日本国内に限られるという、場合によっては悪い意味です。
電気製品の安全なお取り扱いに関わる理由ですので、ご理解をお願いいたします。

お客様が日本国外でのご使用を想定している可能性があると、当方が判断した場合はご注文時などに確認の連絡を行わせていただきます。
キャンセルとご返金も発生しましたら誠実に速やかにご対応いたします。
ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。



明かりをつけていないときは昼間の藤です。

花びらは陽ざしの下で見ると細かいラメが光っているように見える時があります。
その雰囲気を写したくて、透明つや消しにレインボー加工のビーズを選びました。

その質感を写真に撮るのは難しく、実物はもっと光ります。

昼と夜それぞれの表情をお楽しみください。


Creema(日本版)とminne、iichiで最初の1点を発売中です。
ぜひご覧ください。

Creema

minne

iichi


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2022年10月28日金曜日

「藤の花のランプ」発売します!

ついに藤の花のランプを1台発売できる運びとなりました。
11月1日の22時にCreemaで発売する予定です。
販売先予定のページはこちらです。


夏から少しずつ出来上がっていく過程をお見せしたこちらのランプです。


平面の絵柄で作られているステンドガラスのランプの藤を、立体にしてみたい。
ガラスビーズを使えば叶うかもしれない、材質がガラスで同じなので色も近づけるかもしれないという思いで制作したランプです。

1作目をTwitterに出してみたところ多くの方々にご覧いただき、想像をはるかに上回る反響がありました。
今作は1作目をもとにさらに改良を重ねたものになります。


ステンドグラスの藤のランプといえばティファニーランプですが、パーツの総数が小さなランプでも1000弱、大きなものは2000弱ともいわれる大作なのだそうです。
レプリカや似せて作られたランプも調べた限り大変高価なものでした。
材料費と完成させるために要する根気に対する費用のようです。

Heart Bouquetの藤もパーツ総数について大きくは劣らぬ規模となりました。
後の2つについても私としてはなかなかのものになりました。。。

藤の花はビーズをひと粒ひと粒、丸カンに通して組み上げていきました。
せっかく作るのですから、あしかがフラワーパークの大藤のように立派な長さのある花房を思い浮かべて。。。

ガラスならではの、光で表情を変える藤棚が生まれました。
明かりをつけていない時は昼間の藤、明かりをつけた時はライトアップされた夜の藤のようです。
ランプとしてだけではなく、昼夜にわたってオブジェのようにお楽しみいただける藤の花になりました。


ティファニーのランプは、電球の形が見えないように半透明のガラスを多用したらしいですが、Heart Bouquetのランプは花房が一筋一筋揺れるので電球は自ずと隙間から見える形になります。
ランプの中は丸い電球がちょうどひとつだけなので、それを月に見立てて、藤棚の隙間から満月を拝むようにご覧いただきたいなと思います。


Twitterで和にも洋にも合いそうとおっしゃっていただきました。
ラリックやガレ、ティファニー、明治時代に活躍した七宝工芸家の並河靖之の花瓶のような藤をモチーフにした数々の名品、そして栃木のあしかがフラワーパークの大藤、福岡の河内藤園、東京の亀戸天神社、京都の平等院、奈良の春日大社のような各地の藤の絶景、お好きな物語や歌や思い出などのイメージが思い浮かぶものでありましたら幸いです。

ランプ本体部は、ヨーロッパで1930年代から40年代(日本で言うと昭和初期)に製造されていた製品をモチーフとしたアンティーク調の照明器具です。
当時の豊かで個性的なデザインを欧州のデザイン事務所との提携によりリプロダクトとして復刻するだけではなく、日本の住宅事情や電気規格に合わせ、設置も容易で安心してお使いいただける製品として製作されています。
素材には無垢の真鍮をふんだんに使用し、あえて防錆加工を施さないことで時間と共に変化する味わい深い風合いをお楽しみいただけます。
ベースはマーブル模様のストーンです。




丸カンを繋いで作った花房はしなやかで、風にも揺れます。
ランプシェードの日常の埃落としには、はたきをかけるよりは団扇で扇いで埃を飛ばすほうが簡単でおすすめです。

本体部の真鍮の黒ずみが気になる場合は、真鍮磨き用のクロスで優しくお手入れください。


大きさ:高さ31cm×横15cm×奥行10cm
定格電圧100V(日本国内用 Japan only)
定格電力40W
口金E17(ミニクリプトン電球を1つお付けします)
スライドスイッチ

点灯中や消灯直後は電球が熱くなりますので、お手を触れないようにしてください。
燃えやすいものを近くに置いたり、上に掛けたりするのはおやめください。
不安定な場所に置かないでください。
屋内専用としてお使いください。水がかかる場所や湿気の多い場所でのご使用はおやめください。





販売価格は¥100,000(消費税・送料込み)を予定しております。
お手頃価格とは全く申し上げられない価格となってしまいましたが、良いものを作るために私に尽くせる限りのすべてを注ぎ込んでお作りいたしました。
このランプを本当に気に入ってくださるお客様と私にとって、最も良い形でご提供ができる価格として定めさせていただきました。
ご理解いただけますと幸いです。

最初はCreemaで発売いたしますが、11月3日になってもお問い合わせがなければ次いでminneで、5日になってもお問い合わせがなければiichiでも発売開始いたします。
この度のご用意は1点しかありませんので、先着順でご注文を承ります。
なお、もしご好評でしたらお時間をいただいて再び制作いたしますので、この点もご留意いただけますようお願いいたします。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2022年10月22日土曜日

春から夏のラッピングまとめ

久しぶりのラッピングまとめです。
毎年恒例の桜ラッピングの終わりの方は、散り際の桜をイメージして花びら多めになりました。





桜ラッピングの後は普段のラッピングに戻りました。




ピンクたっぷりの桜ラッピングが終わったからと言って、急にシックなラッピングになるわけではありません。
そこはHeart Bouquetだから。。。!



かわいいものはかわいく、シックなものは少しシックに寄せます。



夏になると、涼しげな柄やひまわり柄のカードを添えました。




ブローチはこの箱、イヤリングはこの箱。。。と大まかには決めていますが、包みながら途中で急に変えることもあります。


花咲くチューリップのピアスは台紙をこちらにした方がかわいいと思ったので、突然変えました♪
するといつもの箱には入らないので、上のピローケースに変わりました。


かわいいが何より大事なのです。。。!



オレンジのガーベラのデミパリュールは早々と巣立っていきました。



立派な大きさの貼り箱に丁寧にお包みしました。


「花水木のブローチ(パープルピンク)」と、1点のみのご用意だった「移ろう色の額紫陽花のブローチ」はリピーター様のもとに一緒に巣立ちました。


リンクコーデなラッピングをしました。
「花水木のブローチ(パープルピンク)」は最後の1点がショップでお待ちしております。




白いガーベラのデミパリュールは人気でまた巣立ちました。


「芍薬のコサージュ(ピンク)」と一緒に巣立ちました。


「芍薬のコサージュ」のピンクが今年はなぜか人気で、手元の在庫はこちらが最後でした。
材料も作り切ってしまったので、しばらく入荷お休みです。
例年人気のライトピンクは、ピンクとの違いが作りづらくなってしまったので廃番になってしまうかも。。。こちらは最後の1点がショップでお待ちしております。



「オリオンの剣」を久しぶりにお選びいただきました。


オリオン座が好きなお客様に見つけていただけて良かったです。
ホログラムの流れ星がきらきらするカードを添えました。


オリオンのベルト(三ツ星)じゃなくて剣(小三ツ星)なのが、さりげなくていいでしょう。。。!
いろいろな場面でお使いいただけます。



にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^