2017年1月12日木曜日

簡単♪イヤリング 付け心地をよくする方法(その2)

前回の続きです^^
ねじばね式イヤリングを痛くなく付ける方法をご紹介します♪

痛くなく付けている状態です^^
(イヤリングは当店で販売中の「スノーフレーク・イヤリング」です♪)

★☆まず、痛くないイヤリングの付け位置についてです^^☆★

イヤリング金具のお耳を挟む部分が、
耳たぶの一番薄い部分に当たるようにお使いください。

目安は耳たぶの真ん中よりも少し上の位置ですが、
お耳の形は個人差が大きいですので、
ご自身で耳たぶの一番薄い部分を触りながら探してみてください。

耳たぶをお触り頂くと、耳たぶの上の方は薄く、
下の方に行くにつれて少しずつ厚みが増していることに
お気づきいただけると思います。

ねじで締めている部分の開き具合を、
耳たぶの最も厚い部分よりも細くすることで、
お使いいただいている際にイヤリングが落下紛失することが
起こりにくくなるというわけです。

ちょっとここで、図でご説明いたしますね^^

左側が痛くない付け位置、右側は痛い付け位置(^^;)になります。
図の左下・右下はそれぞれの耳たぶを横から見たイメージです
(厚みを少し誇張して書いています)。
矢印で示している場所が、
耳たぶがイヤリング金具に挟まれている場所になります。

痛くない付け位置(左)と痛い付け位置(右)

図の右側はピアスのような付け位置になります。
最近はイヤリング派よりピアス派の方を多く見かけるためか、
イヤリングもピアスの付け方を参考にして?
同じように付けてしまう方をちらほら見かけます。
ですが、やはりイヤリングとピアスは別のものなので、
それぞれに合った付け方を当店としてはお勧めします。

ピアスのように、耳たぶの真ん中から下にかけての厚みのある位置に
イヤリングをお付けになりますと、
きちんと止まらないので必然的に落ちやすくなります。
そして、お客様におかれましては落下紛失を避けたいために、
ねじをつい、きつく締めてしまいがちになるのです。

これでは当然「痛い!」ですし、
イヤリングをご使用中に失くしやすくなってしまいます。
お気に入りのイヤリングを失くしてしまうととても寂しいですよね。。。


また、こちらも上の図でご覧いただきたいのですが、
きちんと止まる位置でイヤリングをお付けになると、
多くの方は耳たぶの下を通る金具のU字型の部分が
耳たぶの下にぴったり沿うようになると思います。

ピアスのような位置で付けてしまうと、
U字の部分が耳たぶの下から離れる形になりますので、
これもまた、イヤリングの付け位置の目安にしてみてください。

なお、お客様の耳たぶの形によっては、
下の図のように、U字の部分が耳たぶに斜めにかかるようにお付けいただくと
安定してお付けいただけることがあります。

U字の部分を斜めにかけた様子

図ではU字の部分を内側向けに斜めにしておりますが、外側向けに斜めにしてお付けになった方が安定する方もいらっしゃいます。
モチーフが揺れるタイプのデザインを斜め掛けでお付けになる時は、外側に傾けた方がモチーフが綺麗に揺れます。



★☆続いて、ねじの締め具合についてです^^☆★

当店ではイヤリングを台紙に留めてお送りしております。
輸送中に台紙から動きにくいように、
イヤリング金具のねじをいっぱいまで締めた状態にしています。
ねじばね式なのでねじを緩めなくても、
金具を開くだけで台紙から取り外すことはできます。

イヤリングの包装の一例です♪

ですが!
早速そのまま。。。とお耳を挟んで金具を閉じてしまいますと

「痛いっ!!」です^^;

一番薄い部分におつけいただくとはいえ、
耳たぶのほうが台紙よりも断然厚みがあります。。。

今の例はもちろん冗談ですが^^、
お使い初めは必ずねじをいっぱいまで緩めてから、
耳たぶにお当ていただき、加減を見ながら少しずつ締めていってください。

私の場合は、ちょうどいいねじの締め具合のまま金具を開いて外してみると、
閉じたときに耳たぶの前に当たる部分と後ろに当たる部分の間に、
1~2mmほどの隙間ができています^^
もちろんこの隙間のでき方も個人差があります。

少しずつねじを締めていきますと、
これ以上は締まらないな、という感じで止まる位置に行きつくと思います。
痛くなってくる前に、その位置になるはずですよ^^

その位置がお客様にとってのちょうどいい締まり具合です。
でも、何となく締め付け(!)が足りなくて不安でしょうか。。。?

本当にきちんと止まっているかを確かめる方法があります。
イヤリング全体を軽く下側に引いてみてください^^
ずれてこなければ、きちんと止まっていることが確かめられますね♪


イヤリングをもっとお楽しみいただけますように!
痛くないようにイヤリングをおつけいただく方法、ぜひお試しください^^


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

0 件のコメント:

コメントを投稿