2021年7月22日木曜日

「小さな雪の朝」のデザインが新しくなりました♪

ご好評をいただいております「小さな雪の朝」。
一夜にして銀世界が広がる、静かな白い朝を表したブローチです。

材料の入手の都合により、この度デザインが新しくなりました。



昨年の秋に4代目デザインになった、現在発売中の「雪の朝」と一緒に撮りました。。。!


この度のリニューアルでメタルフラワー2輪がお揃いになりました^^


リニューアルは毎回ドキドキです。。。



ともあれ、久しぶりに4種類そろいました。
「雪の夜」「小さな雪の夜」と「雪の朝」「小さな雪の朝」。
4種を1枚の写真に収めたのは、意外と初めてだったかもしれません。。。!



各店で発売中です。ぜひご覧ください。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年7月17日土曜日

新作です「麗しのサフィリーン」

新作のご紹介です。

「麗しのサフィリーン」


大粒のヴィンテージサフィレット(サフィリーン)と、相性の良い色合いのスワロフスキークリスタルを贅沢に配して、特別な宝物のようなブローチを作りました。

サフィレットガラス。 
アクセサリーに使われるヴィンテージガラスストーンを愛するひとなら、誰でも一度はその名を耳にした事があるのではないでしょうか。 
サフィレットは光の差し込み具合によって、ブラウンにブルーのシラーがギラリと輝く不思議なガラスです。 
製造法が現代に伝えられていないため、この世にある限りのものしか存在しません。
いわばロストテクノロジーなのです。
材料に金やヒ素を含むらしい。。。など、中世の錬金術の話を聞いているかのような伝説めいた話ばかりが現代に伝わっています。
100年ほど前に現在のチェコなどで作られたアンティークサフィレットは深い色合い、その後、時期が空いて旧西ドイツなどで作られたヴィンテージサフィレットは別名でサフィリーンとも呼ばれ、アンティークサフィレットより淡い色合いをしています。
いずれも数に限りのある貴重なもので、大変高価なガラスです。

私もサフィレットに憧れて、少しずつ集めています。
いつか、材料費が高額になり過ぎて実現困難な、サフィレットをふんだんに使ったアクセサリーを作れる日が来たらいいなと夢見ながら。。。

縁あって私の手元にあるものはヴィンテージサフィレット(サフィリーン)です。
ヴィンテージサフィレットの魅力は水を固めたようなウルウルした煌めき。
どこか郷愁を感じさせ、心の琴線に触れるような趣もあります。
時間が許す限り、いつまでも見つめていたい色合いです。

そうして過ごす中、2018年に発表されたスワロフスキークリスタルの「カプチーノディライト」の写真を初めて見た時は、衝撃でした。
サフィレットガラスそっくりの色合いだったからです。
色の出し方はサフィレットガラスとは全く違うものの、ブラウンに浮かぶブルーの輝きがサフィレットを思わせました。
実物を見ると、ますますヴィンテージサフィレットのようでした。
このカプチーノディライトとヴィンテージサフィレットを一緒に使えば、総サフィレットを思わせる美しいアクセサリーをつくり出せるのでは、と思いました。
その後ついに、18mm×13mmという大きめのヴィンテージサフィレットを入手できる機会があったので、少しずつ作り進めてきたのがこちらのブローチです。



襟ぐりに沿わせて身に着けるクラシカルな装いを思いながら、オーバル型で作りました。
サフィレットはカプチーノディライトでぐるりと囲んでいます。 
周りのカプチーノディライトのストーンの輝きにより、もともと大きめのヴィンテージサフィレットがさらに大きく見える贅沢なつくりです。
カプチーノディライトのストーンは直径4~5mmの小さいものですが、ヴィンテージジュエリーの丁寧な作りを思い浮かべながら、爪留めタイプの石座にひと粒ずつ留めました。
カプチーノディライトはストーンそのものの形によっても色の見え方が違うので、一番サフィレットに近く感じられた#2088を選んでいます。
スワロフスキークリスタルに詳しい方はお気づきと思いますが、貼り付け用の型です。。。そのまま貼れるストーンをわざわざ石座に爪留め。。。 手間を掛けた甲斐のある仕上がりになりました。


添えた薔薇の中心にはあえて透明無色のクリスタルカラーのスワロフスキークリスタルを嵌め込み、サフィレットとカプチーノディライトを色の違いで引き立たせました。
揺れる形に配した雫型のスワロフスキークリスタルは、カプチーノディライトに近さを感じる相性の良いカラーとして、「ライトサファイアシマー」を選びました。
一番外側を囲むパールもスワロフスキークリスタルで「イラデサントダヴグレー」です。
サフィレットのように赤みと青みが浮かぶような不思議な色合いです。
光の差し込み具合で浮かぶ色が変わる様子は見飽きません。。。



土台のシャワー台も、丁寧に下処理をいたしました。
隙間から土台の穴が見えにくいように、極細の金属糸で作られたメタルリボンを下地として縫い留めた上にヴィンテージサフィレットやスワロフスキークリスタルをのせました。



きらきらと浮かぶ色合いは、作りながらも思わず見とれてしまうほどでした。
ヴィンテージサフィレットには失われたアンティークサフィレットへの憧れが込められていたのだと思います。その憧れの続きを現代生まれの美しいガラスとともに描きます。

動画もご覧ください^^



各店で発売中です。ぜひご覧ください。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年7月16日金曜日

新作です「ハートリースのイヤリング/ピアス」

新作のご紹介です。

「ハートリースのイヤリング/ピアス」


Heart Bouquetのハートを輪につないでリースを作りました。
虹色はワクワクしますね。。。!
夏をHappyに過ごせそうな明るさと賑やかさです。


レインボーカラーのハートの輪。
シンボリックなモチーフにあなただけの意味を添えてもお楽しみいただけそうです。

透明でビビッドなカラーにオーロラ加工のリースと、半透明でやわらかなパステルカラーのリースをご用意いたしました。


今日7月16日は「なないろ」の語呂合わせで「虹の日」なので、精一杯急いでお出ししました♪
各店で発売中です。ぜひご覧ください。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年7月12日月曜日

YouTubeにひそひそアップしてます

Heart Bouquetでは飾りが揺れるブローチをよく発表しています。
ご覧いただく角度によってきらきらと色が変わって見えるガラスを使ったものも。。。!



こうしたものは画像だけではどうしても良さを伝えきれないところがあって、動画でも少しずつご紹介していけたらなと思いました。
時々TwitterやInstagram、こちらのブログにも載せてきましたが、実はYouTubeにもアップしています。



YouTubeからの転載でこちらのブログに載せたことがあるので、もしかしたらお気づきの方もいらっしゃったかもしれません(今日のブログの動画もYouTubeからの転載です)。
minneやPinkoiやBOOTHにはYouTube動画をその場で見られる形に埋め込めるので、そのための保管庫でもあります^^

無音のサイレント動画ばかりなので、場所を気にせず安心してご覧いただけるかも♪
良かったらぜひご覧ください^^


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年7月9日金曜日

かわいいティーセットのビーズキット

このところは、かわいいティーセットのキットを作っていました。


ビーズアクセサリーLobeliaさまの「ティーカップ&ソーサー」と「ティーポットとクリームピッチャー」のキットです。
美しい編み目とかわいいティーポットの形にひかれて挑戦しました。
案内によると難易度はかなり高いようでしたが、そこは失敗しても何度でも編み直す覚悟を決めて。。。
ビーズステッチの新しい編み方の勉強にもなるしと頑張りました!

モチーフの主な部分は三つ編みのような編み目が美しいプレイテッドヘリンボーンステッチで編んでいきます。
プレイテッドヘリンボーンステッチは、このティーセットのモチーフを作った寺井千佳先生が考案した編み方だそうです。



少しでも簡単そうなのはどれだろうかと説明書を読み。。。まずはカップ&ソーサーから始めました。



何とか形にはなりましたが、編む手が遅すぎて1日に1客ずつしか作れない有様でした^^;
緩みやすいからきつく編むようにと注意書きされてましたが、もともと糸の引き加減強めの私は普通でよかったみたいです。
1客目は形がゆがんだので1枚目の写真では奥に下げてピンボケ気味で誤魔化しています^^;
後日また1日かけて編み直しました。

1客では寂しいだろうと3客分の材料を買ったカップ&ソーサー、次にクリームピッチャー、最後はティーポットを失敗しては解いてやり直し。。。
10日くらいかかって、ようやく完成しました!


すべてのキットの余りビーズと糸を寄せ集めたら、カップ&ソーサーをもう1客作れそうだったので4人分のティーセットになりました♪
(金色のビーズだけは4粒ほど足りなかったので、手持ちの近い色のビーズを足しました)
思った通りたくさん並ぶとかわいいです^^

ポットは蓋がとれるのもかわいい。。。!


底にも模様があってかわいい。。。!


蓋は裏側に筒が付いていて、本体に被せるとちゃんと嵌って滑り落ちないようになっています。
ちっちゃいのに偉い!



先にTwitterでちらっとお見せしたら。。。とてもたくさんの方にご覧いただけました!


美女と野獣のティーカップたちのようだとおっしゃってくださった方がいたのですが、本当に魔法のティーセットでした♪
このかわいいティーセットたちのキットを、何とか完成させられるくらいのビーズワークの腕があってよかったなあと思いました^^


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年7月3日土曜日

BOOTH店オープンと「本店とハンドメイド通販サイト店の違い」更新のお知らせ♪

新しく、BOOTHにもHeart Bouquetのショップができました。。。!
こちらはプチプラアイテムを集めてご紹介していこうかなと思っています。
BOOTHは匿名配送も利用できます。
ほかのショップにしか出ていないものでも、匿名配送のご希望があればご注文できるように対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。



そして情報がとても古くなっていたので、こちらは内容を改めました^^

本店とハンドメイド通販サイト店の違い(更新あり)

tetoteも、dクリエイターズも、ハンズ・ギャラリーマーケットも、ココナラハンドメイドも、みんな無くなってしまって。。。無くなって久しいのでこのページからは情報を削除しました。
サービス終了した各店についての情報も、活動の記録としてこのブログのタグから辿れるようにしてあります。
ショップが無くなるのはいつも寂しいです^^;


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年6月27日日曜日

素敵な豆折本『星誌』

始まりは。。。


去年、Twitterで見た素敵な豆本セット。
セブンイレブンのネットプリントサービスで呼び出すためのデータの番号が書き添えられていました。
印刷したものを切り抜いて、指示された場所に切り込みを入れて折っていくと出来上がる折本で、しかも豆本サイズになっているものでした。

あまりの可愛さにすぐ番号をメモしました。。。!


1冊ずつに切り分け、早速初めの1冊を説明通りに折ると。。。


簡単にかわいい1冊ができました。。。!


あと25冊。
続けて残りも作ろうとした矢先。。。
気を付けていたのに、2冊分切ってはいけないところで切ってしまいました。

説明には、裏から繋げば大丈夫だと失敗した時のフォローまで親切に書かれていました。
セロテープは後で黄ばむことが多いので、切り離した余白を裏から糊付けしました。



リカバリー完了♪

折るだけでもかわいい豆本ですが、せっかくのハードカバー風の表紙デザインだったので、表紙と見返しの間に23mm×33mmに切ったティッシュの空き箱の厚紙を貼り付けてみました。
厚紙を貼るアイデアは、先駆者様のお知恵を拝借しました^^

この厚紙は、よく順番を考えて貼り付けないと本の形が綺麗に作れなくなってしまいます。
なのでこの順で貼ってみました。

裏表紙側の見返しの裏に厚紙を貼る
表紙側は表紙の裏に厚紙を貼って、続けて見返しの裏側にも貼る
次に背表紙の糊代を裏表紙側の厚紙に貼る
裏表紙の裏を厚紙に貼る

私はいつも液体のりで大抵のものを貼ってしまうのですが、この折本ももちろん液体のりを使いました。
液体のりはシワになるとか、すぐはがれるとか、散々な言われようですが。。。綺麗に貼れていますよね?
糊のはみ出しはすぐにティッシュで拭く用意をして、恐れずたっぷりしっかり塗るのがコツだと思います。
シワを防ぐには、糊で濡れて柔らかくなった紙をピンと張るように厚紙に貼ります。
セブンイレブンのコピーは質がいいので、紙の上に膜が張ったようになって意外と丈夫なのです。
ちょっと綺麗に貼れなくても、糊が乾く前なら、そーっとはがせば破れずに貼りなおせます。。。^^
糊付け作業は湿度が高い日がおすすめです。



そして(去年の)GW中。。。10冊できました!



たくさん並ぶとかわいい。。。!
綺麗に作れて満足!。。。と同時に、力尽きたといわれております(えっ)


そして早1年。。。
このままではいけないと、ある雨の日に急に思い立って、残り16冊に猛然と厚紙を貼りました。
ようやく全冊完成です!




豆本ですから、ちゃんと中に文章が。。。!

本は折っただけだと表紙がきちんと閉じていてくれないので、仕上げに重しをかけると落ち着きます。



こうして出来上がった小さな豆折本たち。。。バラバラだと絶対に行方不明者が出る宿命なので、保管方法を考えました!
できれば本棚みたいに並べて入れられて、崩れてこないピッタリサイズの小さな箱がないかなあ。。。

ありました!
さすが、日ごろラッピング用品をたくさん調べて集めてきただけのことはありましたよ♪


小箱にぎっしり並べて、


トランク型の外箱にスーッと。。。


このトランク型ギフトボックスはサン宝石で見つけました。。。!


星読みの旅支度の出来上がりです^^



収納と持ち運びの用意もできたところで、ついに。。。!
読む楽しみの時間が来ました^^

26冊は、はしがき(1冊)、1冊ごとに1つ計21個の一等星の紹介(21冊)、用語解説(3冊)、参考文献+あとがき(1冊)の構成になっています。

一等星の本の表紙の色は、明るい青が多くて、赤や黄、オレンジ、白が少し。
折っている間は猛然と折っていただけだったので、表紙の色はどうしてこの色にしたんだろうと不思議に思っていました。
なんと、その本に書かれている星の色に合わせてあったのです!
なんて素敵なんでしょう♪

星座や星のことはほとんど知らなかったので、とても勉強になりました。
農作業や物語やサッカーのチーム名まで、日々の暮らしに深く根付いていることも気づかされました。



とてもかわいくて楽しい本でした。
最近は著者の魔女/折畳式会社witch-craft.(https://twitter.com/oritatamiwitch)さまが偶数月の初めにネットプリント番号を公開なさっているので、素敵だなと思ったらぜひご覧ください。
次は8月でしょうね^^
まもなく偶数月だった6月が終わり、7月を挟んでしまうタイミングで申し訳ありませんが、ご紹介しそびれたらもっと残念なので今ご紹介させていただきます^^;


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^