2021年6月27日日曜日

素敵な豆折本『星誌』

始まりは。。。


去年、Twitterで見た素敵な豆本セット。
セブンイレブンのネットプリントサービスで呼び出すためのデータの番号が書き添えられていました。
印刷したものを切り抜いて、指示された場所に切り込みを入れて折っていくと出来上がる折本で、しかも豆本サイズになっているものでした。

あまりの可愛さにすぐ番号をメモしました。。。!


1冊ずつに切り分け、早速初めの1冊を説明通りに折ると。。。


簡単にかわいい1冊ができました。。。!


あと25冊。
続けて残りも作ろうとした矢先。。。
気を付けていたのに、2冊分切ってはいけないところで切ってしまいました。

説明には、裏から繋げば大丈夫だと失敗した時のフォローまで親切に書かれていました。
セロテープは後で黄ばむことが多いので、切り離した余白を裏から糊付けしました。



リカバリー完了♪

折るだけでもかわいい豆本ですが、せっかくのハードカバー風の表紙デザインだったので、表紙と見返しの間に23mm×33mmに切ったティッシュの空き箱の厚紙を貼り付けてみました。
厚紙を貼るアイデアは、先駆者様のお知恵を拝借しました^^

この厚紙は、よく順番を考えて貼り付けないと本の形が綺麗に作れなくなってしまいます。
なのでこの順で貼ってみました。

裏表紙側の見返しの裏に厚紙を貼る
表紙側は表紙の裏に厚紙を貼って、続けて見返しの裏側にも貼る
次に背表紙の糊代を裏表紙側の厚紙に貼る
裏表紙の裏を厚紙に貼る

私はいつも液体のりで大抵のものを貼ってしまうのですが、この折本ももちろん液体のりを使いました。
液体のりはシワになるとか、すぐはがれるとか、散々な言われようですが。。。綺麗に貼れていますよね?
糊のはみ出しはすぐにティッシュで拭く用意をして、恐れずたっぷりしっかり塗るのがコツだと思います。
シワを防ぐには、糊で濡れて柔らかくなった紙をピンと張るように厚紙に貼ります。
セブンイレブンのコピーは質がいいので、紙の上に膜が張ったようになって意外と丈夫なのです。
ちょっと綺麗に貼れなくても、糊が乾く前なら、そーっとはがせば破れずに貼りなおせます。。。^^
糊付け作業は湿度が高い日がおすすめです。



そして(去年の)GW中。。。10冊できました!



たくさん並ぶとかわいい。。。!
綺麗に作れて満足!。。。と同時に、力尽きたといわれております(えっ)


そして早1年。。。
このままではいけないと、ある雨の日に急に思い立って、残り16冊に猛然と厚紙を貼りました。
ようやく全冊完成です!




豆本ですから、ちゃんと中に文章が。。。!

本は折っただけだと表紙がきちんと閉じていてくれないので、仕上げに重しをかけると落ち着きます。



こうして出来上がった小さな豆折本たち。。。バラバラだと絶対に行方不明者が出る宿命なので、保管方法を考えました!
できれば本棚みたいに並べて入れられて、崩れてこないピッタリサイズの小さな箱がないかなあ。。。

ありました!
さすが、日ごろラッピング用品をたくさん調べて集めてきただけのことはありましたよ♪


小箱にぎっしり並べて、


トランク型の外箱にスーッと。。。


このトランク型ギフトボックスはサン宝石で見つけました。。。!


星読みの旅支度の出来上がりです^^



収納と持ち運びの用意もできたところで、ついに。。。!
読む楽しみの時間が来ました^^

26冊は、はしがき(1冊)、1冊ごとに1つ計21個の一等星の紹介(21冊)、用語解説(3冊)、参考文献+あとがき(1冊)の構成になっています。

一等星の本の表紙の色は、明るい青が多くて、赤や黄、オレンジ、白が少し。
折っている間は猛然と折っていただけだったので、表紙の色はどうしてこの色にしたんだろうと不思議に思っていました。
なんと、その本に書かれている星の色に合わせてあったのです!
なんて素敵なんでしょう♪

星座や星のことはほとんど知らなかったので、とても勉強になりました。
農作業や物語やサッカーのチーム名まで、日々の暮らしに深く根付いていることも気づかされました。



とてもかわいくて楽しい本でした。
最近は著者の魔女/折畳式会社witch-craft.(https://twitter.com/oritatamiwitch)さまが偶数月の初めにネットプリント番号を公開なさっているので、素敵だなと思ったらぜひご覧ください。
次は8月でしょうね^^
まもなく偶数月だった6月が終わり、7月を挟んでしまうタイミングで申し訳ありませんが、ご紹介しそびれたらもっと残念なので今ご紹介させていただきます^^;


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年6月20日日曜日

新作です「移ろう色の額紫陽花のブローチ」「【仕様違い】雨つぶ坊やの滑り台」

梅雨の季節が楽しくなりそうな、紫陽花と傘のブローチのご紹介です。




「移ろう色の額紫陽花のブローチ」


雨降りに一番似合う紫陽花は額紫陽花だと思いませんか?
梅雨の雨に静かに濡れながら咲く、額紫陽花の風情をブローチにしました。

紫陽花は花びらのように見えるところが蕚(がく)で、中央に固まる細かいところが本当の花なので、見て楽しんでいるところは実は花ではない。
そう言うととても不思議に聞こえますね。
そして額紫陽花は、目立つ蕚が額縁のように花を囲んでいるからついた名前です。


その蕚にネオジウムガラスできたビーズを配して、額紫陽花を作りました。
ネオジウムガラスはしばしばアレキサンドライト色とガラスビーズの世界では呼ばれています。
宝石のアレキサンドライトとは発色が異なりますが、同じように受ける光の種類で色が変わって見えるところから付いた名前だと思われます。
今回は半透明のものと透明のものの2種類を使いました。
半透明のものは自然光や白熱灯では淡い紫、蛍光灯下では水色に、透明のものは自然光などでは赤みのある薄紫、蛍光灯下ではほぼ無色透明に変わります。

自然光下での様子

蛍光灯下での様子

紫陽花は土壌のpHでも蕚の色が変わることが知られています。
そうした色変わりや、花と蕚、ガラスと宝石のアレキサンドライトように名前や印象と実態が微妙に合わない面白さをネオジウムガラスを通してお楽しみいただければ幸いです。

花と葉の間や上には、雨上がりに残された露のようにスワロフスキークリスタルが3粒(クリスタルカラー、アーミーグリーンディライト)を煌めかせました。
クリスタルの位置はそれぞれのブローチで若干異なります。
葉から一滴零れ落ちていくのは、梅雨空色のチェコガラスの雫です。


蕚は、本物の額紫陽花のように中央の小花から少し離れるようにワイヤーとシードビーズで付けました。
ブローチ土台は金属の薄い板に透かしやエンボスを施したものを使っています。
Heart Bouquetではこうした2枚の透かしをワイヤーで閉じ合わせる時、そのワイヤーが模様の一部に見えるように巻いていきます。
繊細さをお楽しみいただけたら嬉しいです。




ネオジウムガラスのビーズが少なく再入手もできないため、画像の2点のみお作りしております。
透明と半透明のビーズの量と配置、スワロフスキークリスタルの位置が異なります。
ご注文時にはお好みの方をお伺いいたします。
それぞれ1点ものとなりますので、万一ご注文が重なった場合は先の方を優先いたします。
ご了承ください。




「【仕様違い】雨つぶ坊やの滑り台」


レースのような透かし模様がかわいい傘は、雨つぶたちの滑り台。
雨を好きになれそうなブローチです♪
梅雨寒の日に、ストールや上着に着けてお楽しみください。


梅雨空をイメージした色の大きさ・色合いも様々なドロップ型のチェコビーズを雨つぶに見立ててお選びしました^^
繊細なチェーンから下がる雨のしずくが揺れるたびにキラキラと輝きます♪

仕様違いは雨つぶ多めで、傘にスワロフスキークリスタルの赤いハートのアレンジがあります。
傘は両面とも模様があります。
ハートのある面、ない面のいずれを表にしてもお使いいただけます。


通常品(下右)もラスト1点になりました。



各店で発売中です。ぜひご覧ください。


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^

2021年6月12日土曜日

今年の桜ラッピング振り返り♪

東京はすっかり梅雨を飛び越して夏の気配です。
いつものようにのんびり感がすごいですが、今年の桜ラッピングを振り返ってまいります。。。!
桜の季節限定の桜ラッピング、毎年楽しくお包みしております。
お受け取りになったお客様にもお喜びいただけたら嬉しいです。


今年の第1号。



リピーター様にはプチチャームをプレゼントしております。



お手提げ袋のご希望をいただいたギフトラッピングでした。



チューリップのイヤリング(ピアス)も早々に巣立っていきました。



桜ラッピングのために、桜の花吹雪をたくさんお作りしました。


こんな風に箱の中に散らすとかわいいんじゃないかなと思って。。。!


台湾へ。
台湾にはこのリボンの色のような桜もあるらしいですね♪


この華やかなリボン、私は好きなんですけど。。。近年は国内向けには厚み制限の関係でほとんど使えなくて残念なのです。

上のラッピングを緩衝材に包みつつ段ボール箱にお入れします。


幅広のマスキングテープで軽く封をして。。。
ローラ・アシュレイの「アメリ」です。
カラフルな小花柄かわいい♪


国際便はこの後、浸水対策にビニールの袋で包み、上から紙袋などで覆います。
使う袋は時々で変わります。
エコな再使用品の時もあります。。。ご了承ください。

この通り丈夫な包みにはしていますが、貨物機の中で重い荷物の下敷きになると耐えられないので、最終的には華奢な見た目になるように仕上げています^^;


いったん終了、最後の「春の夢 ミモザ」。
こちらも贈り物にお選びいただきました。



チューリップのピアス、こちらは海外向け。




こちらもローラ・アシュレイで、「ゴスフォード」。
せっかくなのでチューリップの柄で合わせました。


最近、海外からのご注文でもギフトラッピングのご希望をお受けできるようにしました。
以来全員がギフトラッピングのご希望をくださいます。
Heart Bouquetのラッピングがかわいいと評判ならうれしいのですが、指定しないと雑な包装で送られると心配してるんだったらどうしよう。。。と思っています^^;


「雪の朝」もほんのり桜仕様で、いつものシルバーのリボンにライトピンクのリボンを重ねました。
「春の夢 アザレア」は初めての旅立ちでした。。。!


時々使っているご挨拶のカード。。。


見る角度で色が変わるのがお気に入りです♪
ペーパーに合わせてキラキラの桜のシールにしました。




東京で八重桜が終わりに近づいていたころのラッピング。
ご挨拶のカードに舞い散る花びらを増やします。




今年もたくさんお包みしました。。。♪


にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村
↑ランキングが上がるとたくさんの方に読んでいただけるかも!?
応援のクリックをよろしくお願いします^^